About

CyberneXについて

Vision

Breaking down interface barriers to Create a new “Convey”

新しい「伝わる!」をつくる

「コミュニケーションのインターフェースは時代とともに変わる」。ニューロテクノロジーを活用したBCIが、コミュニケーションのインターフェースとなる時代がやってきました。私たちはBCIの社会実装と普及を通じて、これまでのコミュニケーションを進化させ、人と人とが繋がり豊かさを感じる新しい「伝わる」を提供します。

*BCI(ブレイン・コンピュータ・インターフェース)とは、脳の情報を活用してコミュニケーションしたり、機器や機械を操作したりするデバイスのこと。

Values

Start from 0.

多様性を尊重し素人からこそ学ぶ

CyberneXは素人最強説を唱えています。そして一人一人の人柄とニューロダイバーシティを大切にしています。メンバーの持つ個性を存分に発揮してもらえるように、自分はなんのためにその場にいるのかを感じることができる組織を目指しています。誰がいったか?ではなく、優れたモノやコトに向き合う真摯さを発揮してメタ的に評価をします。誰がやったか?と問題を人に結びつけるのではなく、システムを変えることで問題を解決します。

Be Integrity

自ら率先し困難を克服する

アントレプレナーシップと信念を持って、起こる事象や物事全てを自分ゴトとして捉え、一人称で考えて実行することができるメンバーが集っています。人の失敗も自責で考えてみてわからなくて不安でもとにかくやってみよう。自分で考えて実際に動いてみよう。打開しようとする突破力を常に持ち続け、むずかしいけどやってみよう。できなかったときに投げやりにせず、なぜできないか、どのようにすればできるのかを考える粘り強さをもって困難に直面しても諦めない。そんな一歩踏み出す勇気を私たちは大切にしています。

Hack the future

未来を恐れず先を見通す力

視座の高い問題提起ができるか?市場が常に変化する中で、目先の課題に囚われずに本質的なより高次のイシューに気づき素早くリスクを見つけ示唆できる。そんな能力が求められています。常に視野を広く周りを見渡して、チームメンバーへ配慮し連携から壁を抜け出せ。集めた情報から仮説立案を行い、細部こだわりすぎてできない状態に陥らないように別の選択肢を用意して方向性が間違っていると思ったら切り替える。したたかさとしなやかさを合わせ機動力の高さを持って未だみぬ世界を導きます。

Members

私たちは、相互の信頼関係を大切にすることをカルチャーとしています。信頼がベースになっているからこそ、柔軟でエネルギッシュ、そしてフラットな組織になっています。一人ひとりの自発的な思いと行動が、個人と組織の強さにつながると信じています。

馬場 基文

CEO

1997年 富士ゼロックスに入社し、将来価値に繋がる技術を数多く発明してきた。2004年から同社の中核商品開発を牽引し、発明技術を商品に多数実装。2017年以降は社外との戦略的パートナーシップを構築し、同社の新たな価値創出を牽引した。2020年、この取組みを継続させるために、知的財産権の譲渡を受けてスピンアウトしCyberneXを創業。これまでの発明技術による貢献額は推定4600億円以上にのぼる。これらの実績が評価され、全国発明表彰賞、文部科学大臣科学技術賞等の受賞歴多数あり。
木村 努

CFO

武蔵工業大学を卒業後、都心に通わず物づくりに携わりたいという想いで富士ゼロックスに入社。画像処理技術者として15年従事したのち、消耗品商品の経理/生産計画/物流/品質などのマネジメントを経験。社内の有志活動で「自ら未来を切り拓くには?」をテーマに喧々諤々の議論を交わしたことがきっかけで馬場とともに価値創造に取り組むことを決意。在職中にMCPC IoTシステム技術検定上級を取得。CyberneXでは財務を担当。趣味は自転車。
有川 樹一郎

COO

東京工業大学大学院総合理工学研究科卒業。新卒でNECに入社しプリンタ商品の製品開発に従事。2012年より富士ゼロックスにて複合機商品のプロジェクトマネジメントに携わり、技術企画、製品企画、商品開発を統括。同社にて代表馬場の価値創造への想いに感銘を受け、新価値創造の道を志す。2017年よりBCIの研究開発チームに加わり、2020年同プロジェクトでスピンアウトしCyberneXに参画。実家は都城の料理屋。得意料理はスパゲティナポリタン。
泉水 亮介

CSO

1990年生まれ。新卒で富士ゼロックス株式会社に入社した後、2016年より紛失防止IoTスタートアップのMAMORIO株式会社に参画。同社の取締役COOとしてアライアンス戦略を軸とした同社の事業開発、広報PR、ブランディング等を統括した。 2020年より株式会社TEKION Groupを設立し複数の事業を展開。また、新産業共創スタジオの運営を行うSUNDRED株式会社CBDOとしての事業開発や複数のスタートアップのCXOに就任した後、2021年12月よりCyberneXに参画。
林 裕也

Hardware Lead

福岡県出身。大学時代にシリコンバレーに留学し、Brain Tech系のスタートアップで約7ヶ月間インターンとしてソフトウェア/ハードウェア開発に従事。卒業後はインターン先の日本法人に就職し、脳波計や心電計の開発、生体データの分析等に携わる。前職時代に”Ear Brain Interface”プロジェクトをサポートしてきた経緯があり、自身の携わったプロジェクトを新しい価値として世の中に広めたいという想いからCyberneXに合流した。最近健康を意識しジムに通い始めた模様。
コバーン マイク

Software Lead

高知県出身。高知高専からメルボルン大学へ進学。IELTS8.0。第25回衛星設計コンテストアイデア対象受賞。大学受験で多摩美とメルボルン大学理工学部に合格し、デザイナーとエンジニア、どちらの道に進むか悩む。両方の才能を活かし、プログラミングもしつつ、UI、UX、デザインも担当。主食はマイプロテインオーツ。
渥美 侑子

PR & HR

東北工業大学、プロダクトデザイン専攻。広告会社勤務を経て、現在事業会社でマーケターとして勤務。また、個人事業主としても活動しており、テックライターとして海外カンファレンスを中心に取材・執筆するほか、PR、人事、マーケティングとしてもいくつかのスタートアップを支援中。 趣味は、美容とファッション、アニメ・ゲーム、キックボクシング。ビストロをこよなく愛す。
鈴木 振二郎

Mechanical Engineer / Product Designer

プロダクトデザインという枠には拘らずメーカーでの製造過程内業務に幅広く関わることが多く、企画段階から参画し、商品デザイン全般に関わり、金型、組み立て、量産立ち上げにも関わった経験があります。 量産は中国やベトナムの工場へ単身で行くことも多々ありました。
岡田 裕斗

Data Scientist

愛知県名古屋市出身。奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科に在学時、国際電気通信基礎技術研究所 脳情報通信総合研究所にて学外実習生として、ヒト脳情報の解析方法に関する研究開発に従事。新卒では家電メーカーに入社し、生体情報を扱った健康管理サービスに関するソフトウェアの研究開発を担当。 CyberneXの掲げるVisionに共感し、2022年1月より、データサイエンティストとして参画。
太田 昌宏

PM

愛知県出身。大学時代は工学部材料系の研究室に所属。2009年4月完成車両メーカーに入社。11年間組立ショップの工場技術員として従事。主な業務は製品の品質・可動率向上、設備調達などを経験。2018年はアメリカ工場の足回りサブライン移設プロジェクトに参画。2022年1月からCyberneXにレンタル移籍
中江 広悟

Engineer

兵庫県川西市出身。甲南大学知能情報学部卒の気合型ソフトウェアエンジニア。最近ではメタバース案件で世にアピールしつつも、特に苦手領域は無くなんでも作ってみせるのが真骨頂。 20代はIT業界で営業、ディレクション、エンジニアを経験するも、自分ではどうにもならないポジションを買って出る星に生まれており、たくさんの挫折を経験した。しかし、前職の上司によりエンジニアとして力と独創性を引き出してもらったと同時に歪んでいた根性も幾分修正の上、なんとか胸を張って世に出れる状態にしてもらった(と思う)。 夢は大きく、GAFAMに食い込む様な日本企業を作りたい。 そしてCyberneXのメンバーとそれが出来ると思っちゃっている。
津藤 杏理

Designer

東京都出身。高校から美術大学の附属に進学し大学時代はテキスタイルアートを学ぶがその後全く畑の違うIoTスタートアップに新卒入社。 オンオフ問わず幅広くデザイン業務に関わり、2018年には同社のチームでグッドデザイン賞、日経優秀製品・サービス賞を受賞。 2020年からはフリーランスとして独立し様々な経験を積み上げ中。
渡邊 亮季

Business Development

2016年4月 新卒としてIoTスタートアップに入社。 ユーザーコミュニケーションなどを経てBusiness Devへ。 同年9月にリテール事業の責任者に任命され1年で新規取扱店舗を10倍以上の1000店舗に拡大。 その後スマートロックスタートアップに入社し、プロジェクト推進部署とマーケティング部署を兼任し、管理会社・仲介業者・オーナーへの提案や新規チャネルの開拓など主にユーザー体験を重視した新規プロジェクトのリードに従事。

Advisor

大西 康昭

コーポレート戦略支援担当
(元富士ゼロックス取締役常務執行役員)

鮫島 正洋

技術法務担当顧問弁護士
(内田・鮫島法律事務所 代表パートナー)

松本 雄大

コーポレートバックオフィス支援担当
(株式会社Tech CFO office 代表取締役社長公認会計士)

武田 優

事業共創コーディネート支援担当

黒川 博史

データサイエンスアドバイザー

立石 彰

IoTシステム設計支援担当

得地 賢吾

IP Management Support
(Agama-X, co., ltd. CIPO)

Access

私たちは東京に拠点を置き、関連事業や外部パートナーとの連携を図り、ポートフォリオを独自の形で強化することを目指しています。ロケーションはJR蒲田駅から徒歩5分、京急蒲田駅から徒歩7分。オフィス入り口は、城南信用金庫の入り口の前にあります。

Company

Company Name
株式会社CyberneX
Date Founded
2020年5月22日
Capital
9,752万円 ( 2022年4月末時点 )
Main Business Activities
  • 生体データを活用した研究開発支援、実験/PoCのサポート
  • 効果測定/可視化のサポート
  • BCIデバイスの開発
  • ソリューションの共同開発
Representative
馬場 基文
Locations
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-26−8 アーデル蒲田 1107号室